石田高聖氏のデイトレ講座

石田高聖氏は10年で40万円を3億円にまで増やして
カリスマデイトレーダーとして有名な方で
早稲田大学を卒業後、一度も就職はせずに株で生計を
立ててきた方です。

現在では一日に300万円、400万円を稼ぐ凄腕のデイトレーダーとして
知られています。
KOSEI式トレード法を確立してからは、投資コンサルトとして
会員向けに投資情報を配信しています。

石田高聖氏は下記のような方式でトレードを行っています。

9敗してもストップ高の1勝で利益を狙う投資法!
KOUSEI式トレード法は、9回ロスカットしても1回ストップ高を取れればいい!

ロスカット(損切り)は%ではなく金額で切れ!
大きな損失の場合、すぐに取り戻すのは、また大きな勝負をしないと
取り返すのは難しい!

2台以上のPCを使い投資効率を上げよ!
石田高聖氏は15台ものパソコンとモニターを使ってトレードしています。



デイトレで儲けるには資金200万円は用意したい!
資金が少なければ少ないほど、買える銘柄が限定されて儲けにくい!

石田高聖氏のテレビ出演情報



他のテレビ出演一覧
・ものしり一夜漬け(NHK)
・クロージングベル(テレビ東京)

過去に行ったセミナー



主催:ラジオNIKKEI (よみうりホール)
主催:カブドットコム証券 (津田ホール)
主催:SBI証券 (泉ガーデンタワー)

その石田高聖氏が配信する株の銘柄情報サービス

プラチナ会員サービス
KOSEI 式 デイトレ2.0 スイング2.0




石田高聖氏の出版書籍

■5時間でわかる!KOSEI式ネット株 デイトレ&スイング 必勝法
■KOSEI式超シンプルな投資術
■石田高聖がやさしく書いた株の入門

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税率引き上げ、否定的考え~亀井氏

以下のように貯蓄に課税したら?

家庭預金の場合:
1.所謂タンス預金に関しては、家庭備蓄として年収の20%又は100万の高い方
  までで認めそれ以上の備蓄を課税対象とする(違反したら脱税として重加算税)
2.銀行に金を預けたら、その金は国が保証する
3.預金は例えば500万又は年収額の高い方になるまでは手数料0、それ以上
  の額に対しては一律10%の手数料を国税として徴収する
4.国は銀行から毎年貯蓄税として利率分を徴収する(景気動向から日本銀行が
  その年の利率を決める)
5.大きな金額の買い物や取引の場合で現金が必要な場合は、1ヶ月までは特例と
  して家庭内備蓄を認める

企業預金の場合:
1.当座預金に関しては現行通り
2.内部留保に関しては、銀行に預ける。利率分は貯蓄税として徴収する
3.現金として社内に保管可能な金額は売上高の10%とする
4.内部留保金は資本金の5倍又は前年売り上げの30%の高い方とする。
  それを超える金額に関しては一律20%の手数料を国税として徴収する。

(金額や%はまぁ適当です)

貯蓄税の新設に伴い、所得税を緩和する。(可処分所得を増やす)

過度のマネーゲームを避けるため株取引に対して新たな課税を行う
取引等を伴わない一定額以上の外貨交換にも課税を行う

これをやったら混乱が起きそうですね。

雇用統計

雇用統計が期待に届かなかったので、ダウが300ドルも急落しました。
終値で1万ドルを割り、半年ぶりの水準との事です。
非農業分野雇用者数という指数で、世界で最も注目されている指数です。
これが発表される数時間前から、株も為替も値動きが小さくなり
皆、市場の激震に備えています。
今回はGSから前月比60万人増という予想が出ていたが、
結果は、43.1万人増だったため、株もドルも急落しました。
恐怖指数も上がり、金も上がり、あらためて
まだ有事であるという印象を持ちました。

世界の市場

世界の市場が揺れています。
下落に次ぐ下落、何と日経平均は本日(5月25日)9,500円割れ、
4月の11,400円からわずか1ヵ月足らずで、2,000円、
率にして20%近い下落です。これは何も日本だけでなく、
世界中の株式市場が崩れてきているのです。ニューヨーク、
欧州、アジア、中国、ロシア、例外なく世界中の株が下がってきています。
いったい何があったのでしょうか? 
元凶は、ユーロ、ギリシアで起こった金融危機の広がりが全世界に
及んできたのです。
ギリシアなんてEU域内のわずか2.6%の経済規模、
日本のGDPに比べたら30分の1の規模です。
なぜ、小さなギリシアがこれほどの影響を全世界に与えることになったのか?
すべてはユーロ、ギリシアが加盟するユーロ圏、並びにユーロという通貨の
問題が元凶なのです。

話は変わりますが、鳩山首相が辞意を表明しましたね。
円安に向かうと思われますが、リスク回避の方向の流れが
ありますので、一時的なものだと考えています。

ファニーメイやフレディマックが政府に支援

先日、ファニーメイやフレディマックが政府に支援を求めました。
それは、住宅担保債権(MBS)をFRBが買い取っていたのを止めた結果です。
要するに、危ない住宅債権をFRBが買い取り、お金を流す。そういうオペレーションを昨年来続けていたが、いつまでもそんなことを続けるわけにはいきません。
と言うわけで、この3月末に買い取りを止めた。およそ、110兆円もの債権を買い取っています。
通常、危ない債権から先に売っているはずだから、当然これらの債権は焦げ付く可能性があります。

ところがこれらの買い取りを止めてわずか1ヶ月ほどで、こうした債権を取り扱っていた両者が根を上げ始めたのです。更に言えば、これを止めた途端、下げ止まり始めていた中古不動産価格が再度下がり始めました。
つまり、政府(この場合FRB)がお金を出し続けないと、実を言うと不動産価格を支えることができないという状態です。
早晩、両者に対する支援が行われるであろうが、これで終了というわけにはいかないと思います。

株価9500円割れ

株価の下落が止まりません。25日の東京株式市場は3営業日続けて
今年の最安値を更新しています。約半年ぶりに9500円を割り込みました。
原因はいくつか考えられます。

1.朝鮮半島の情勢が不安定
2.ギリシャ危機
3.ポルトガルやスペインなどのにも格下げが連鎖する可能性

今の相場は悪材料に大きく反応している状態です。
つまり、悪材料が解決それは、好材料に反応する
相場になってくると考えられます。

石田高聖氏のデイトレ講座



石田高聖氏が先着100名までの会員制のサービスを始めました。
実際に相場で勝ち続けているプロトレーダー石田氏の貴重な情報が手に入るチャンスです。

石田高聖氏
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。40万円の元手を3億円にしてカリスマトレーダー知られるようになる。 ストップ高になりそうな銘柄を見つけるのが得意で、その的中率には定評がある。テレビ出演、書籍など多数出版する。

プロフィール

デイトレーダー

Author:デイトレーダー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。